楽天モバイルはテザリングとしてコスパ最高!ノマドにもゲームにも必須ツールです!

未分類

こんにちは。

nickn-xyzです。

今回は、楽天モバイルはテザリングとして合格か?ということを検証してみました。

結果から言えば「コスパ最高!」です。

 

実際に、筆者自身がMNPにより楽天モバイルに変更しましたので、

  • 楽天モバイルのサービスエリア
  • 機種選びの考え方
  • 楽天の対応
  • 料金
  • 使用感

などをお伝えできればと思っています。

 

▼▼楽天モバイルが気になった方はこちらをクリックしてください▼▼

『紹介』から契約すると、紹介された方に2000ポイントの還元があります。
紹介者がいない方は「2020042701671」を入力してください。

楽天モバイルのサービスエリア

筆者は23区内在住です。

楽天モバイルのサイトで通信エリアを確認しました。

楽天のサービスエリア

楽天のサービスエリアには
・楽天回線エリア
・パートナーエリア
があります。

楽天独自の回線か、他通信会社の回線かの違いです。

楽天独自の回線を使っている場合は、通信量を気にせずに高速回線が使えます。
しかしパートナーエリアの場合は、月に5Gを超えると高速回線が使えなくなります。
高速回線は使えなくなりますが、1Mbpsでのデータ通信は無制限で使えるので、さほど不自由は感じません。
動画も問題なく視聴できました。
筆者的には十分合格です。

このブログを元に乗り換えを考える場合は、ご自分の地域がどのエリアになるのかをしっかり確認してください。

テザリング用機種選びの基準

今回のキャリア変更も、SIMカードの差し替えだけでの変更も考えました。
しかし、現状のスマホの電池が劣化してきたように感じていました。

ここは奮発して、新しいスマホに買い替えましょう!

今回のブログは、

楽天モバイルはテザリングに最適か?

を調べることなので、事務手続き等の記事は割愛させていただきます。
楽天のホームページに記載されている通りに進めていけば、問題ありませんでした。

 

今回、筆者がスマホを選ぶ際に考えたことは、

  1. 電池の容量が大きいこと
  2. CPUやメモリーは最低ではないこと
  3. 値段が安いほうが良い

ということです。

電池の容量が大きいこと

今、このブログを読んでくれているあなたも機種変更を経験したことがあると思います。

機種変更をするタイミングは、

  • 2年契約の更新が来たから
  • 電池が劣化してきたから
  • 新しい機種が魅力的に見えてから

などだと思います。

私は、電池の劣化で電源が入らなくなった事があります。
まだ当時はガラ携でしたが、めちゃめちゃ焦りました。
あの思いはもうしたくありません。

今回、楽天の機種一覧の中から筆者が選んだのは、

「OPPO A5 2020」

です。

この機種を選んだ一番の理由は、バッテリーが5000mAhだということです!
現行のスマホの中ではバッテリー容量が最高クラスです!

同じOPPOの機種で
「OPPO RENO A 128GB」
があります。
こちらの機種のほうがハイエンドです。
「A5 2020」には無い、防水機能とお財布携帯機能が付いています。
しかし、筆者的にはこの2つの機能の恩恵に預かったことがありません。
更に、こちらのバッテリーは3600mAhです。

圧倒的に
「OPPO A5 2020」
の勝ちです!

連続待受時間は なんと450時間です!

CPUやメモリーが最低ではないこと

ハイエンドを求めていけばキリがありません。
大事なことは値段と性能のバランスだと思います。
今回はテザリングをメインで考えているので、それほど高性能なスマホは必要ありません。
「RAM 4G以上、CPU クアッド以上」
このあたりで妥協したいと思います。

実際 OPPO A4 2020 のスペックは

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 665 / オクタコア 2.0GHz + 1.8GHz
OS Android™ 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)

少々物足りない感は否めませんが、本体代金26182円(2020年4月現在)からすると、妥当か十分な性能です。

値段が安いほうが良い

先程も記述しましたが、全てはバランスです。

無理してハイエンドな機械を購入しても
いつかは壊れます。
いつかは古くなります。

だったら気になるところだけの一点豪華主義で、それ以外のところは目をつぶることも良いのではないでしょうか?

今回の筆者の最重要事項は「バッテリー容量」です!

いよいよスマホ起動!テザリング開始

実際に楽天モバイル端末とノートパソコンでテザリングをしてみました。
使い勝手は、非常に満足しています。

様々な環境で使ったわけではありませんが、
自宅、公園、駅のホーム、スーパーのベンチ
などで使用しましたが、通信状況は非常に快適です。

これで椅子さえあれば(できれば机もほしい)、どこでもノマドワーカーになれます。

※通信状況は環境による影響を受けやすいので、すべての方が快適に使用できる保証はありません。

楽天モバイルがコスパ最高な理由

例えば docomo が「5Gギガホ割」というコースがあります。
データ量無制限キャンペーン中ですが、基本料金7480円で最初の半年間は1000円割引になります。
細かい料金は計算が複雑になるのでこの条件だけで、一年間の使用料金を計算すると、

6480円×6ヶ月 + 7480円×6ヶ月 = 83760円

となります。

 

楽天モバイルは1年間のプラン料金が無料です。

必要な料金は
事務手数料 3300円(全額 楽天ポイントで還元されます)
本体端末代 26182円(筆者の場合:この内9500ポイントが還元されます)
(更に、オンライン契約で3000ポイント還元されますが、今回は現金だけで考えます)
以上です。
還元ポイントを考えずに現金だけを足すと

3300円 + 26182円 = 29482円

となります。
次の年も、
2980円 × 12ヶ月 = 35760円
です。

 

サービス内容が違うので、比べ方が乱暴かもしれません。
しかし、圧倒的に料金が違いすぎます!

筆者は、Pocket WiFiの契約も考えていたので、
携帯代金 + Pocket WiFi代金
と考えると恐ろしくなります。

やっぱり楽天モバイルでテザリングするのは、

コスパ最高です!

 

▼▼楽天モバイルが気になった方はこちらをクリックしてください▼▼

『紹介』から契約すると、紹介された方に2000ポイントの還元があります。
紹介者がいない方は「2020042701671」を入力してください。

まとめ

今回は、

楽天モバイルはテザリング用の機械として、コスパ最高!

ということで実体験を元にまとめてみました。

 

  • 楽天モバイル「サービスエリア」の確認
  • テザリング用の機械として、バッテリー容量こそが大事であること。
  • 機械の性能と金額のバランスが大事であること
  • 似たようなサービスを他社で受ける時の金額の差

が改めてよくわかりました。

 

現在は、何をするにもインターネットが必要です。

データ使用量を気にしなくても良い環境を作ることが、様々な選択肢の幅を広げることになります。

※ 今回のデータなどは、全て筆者の体験によるものです。すべての地域で同じ結果になるというものではありません。ご契約の際は、事前にお確かめください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました