オリンピック延期発表後に感染者数が激増!?東京の日別感染者数とニュースの関係「3月分」

時事・ニュース・トレンド

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっています。

いつ終わるかわからない自粛生活に誰もが疲弊していきます。

でも、この災難もいつかは終わります。

そのときに笑っていられうように頑張りましょう。

 

ただ、新型コロナウイルスの感染状況を知る手段として有効と思われる「感染者数」がおかしな動きをしています。

東京オリンピック延長発表の前と後で明らかに人数が違うのです。

感染者数の一番多い、東京の数字とニュースを照らし合わせながら、3月のコロナウイルス騒動を振り返ってみます。

 

4月の感染者数とニュースの関連はこちらからご確認ください。
関連記事:東京都のコロナ感染者数とニュースの関係!4月中の「今日の感染者数」を週間毎にまとめ

3月1日(日)~3月8日(日)

東京都3月の日別感染者数

  • 1日(日) 2人
  • 2日(月) 0人
  • 3日(火) 1人
  • 4日(水) 4人
  • 5日(木) 8人
  • 6日(金) 6人
  • 7日(土) 6人
  • 8日(日) 0人

まだまだ対岸の火事・感染者数も一桁

  1. 就職説明会が解禁。リアル説明会の中止が多くウェブ説明会が盛況(1日)
  2. 東京五輪代表選考会を兼ねた東京マラソンが開催。大迫傑選手が日本新記録で優勝(1日)
  3. 日本政府が中国と韓国からの入国を制限。韓国がすぐに反応し報復措置(5日)
  4. 世界累計の感染者数が10万人を超えたとアメリカの大学が発表(7日)

東京オリンピックを開催する気満々で、代表選考会も行われています。2月中から島国の利点を生かした政策を打ち出せば、違った結果になったのでしょうが・・・。残念です。

3月9日(月)~3月15日(日)

東京都3月の日別感染者数

  • 9日(月) 0人
  • 10日(火) 3人
  • 11日(水) 6人
  • 12日(木) 2人
  • 13日(金) 2人
  • 14日(土) 10人
  • 15日(日) 3人

WHOがパンデミックを宣言!日本政府も当事者意識が出てきた

  1. WHOがパンデミックを宣言(11日)
  2. 選抜高校野球の中止を決定(11日)
  3. 新型インフルエンザウイルス等対策特別措置法の改正法が可決(13日)
  4. 高輪ゲートウェイ駅が開業(14日)

WHOがパンデミックを宣言しました。ここに至るまで事務局長が「人から人への感染力は弱い」とか「マスクは感染防止の役には立たない」とか言っていました。しかしこのあたりから声色を変えてきて、4月終盤から「当初から最大限の警告をしてきた」となっています。
新型コロナウイルスは新種のウイルスであるため、分からないことも多いです。時間とともに解き明かされることであると思うので、事実だけを伝えれば現在の「事務局長解任要請」ブームにはならなかったと思います。

新型コロナウイルスを新型インフルエンザ等対策特別措置法の対象に加えることが可決されました。ちなみに、この法案に反対したのは、共産党とれいわ新選組です。
更にちなみに、総理夫人である安倍昭恵さんが大分へ旅行したのは3月15日のことです。

3月16日(月)~3月22日(日)

東京都3月の感染者数

  • 16日(月) 0人
  • 17日(火) 12人
  • 18日(水) 9人
  • 19日(木) 7人
  • 20日(金) 11人
  • 21日(土) 7人
  • 22日(日) 2人

世界経済に影響が!オリンピック延期の検討開始

  1. ダウ平均の下落額が過去最大!円高ドル安も進行(16日)
  2. 中国からの来日客が激減。前年同月比でマイナス87.9%(19日)
  3. IOCが五輪延期の検討を始める。中止は検討しない意向(22日)

新型コロナウイルス感染の影響が世界経済に大きく影響して来ました。日本の観光業やサービス業にも影響が出ています。

この週から東京オリンピックの開催をどうするか?検討が始まりました。遅すぎる感は否めませんが、強行開催などにならなくてよかったと思うべきなのでしょう。
筆者個人的には「ワクチンができないとコロナ騒動は収まらない」と考えてるので、五輪は中止にすべきと考えています。しかしプロジェクトが大きすぎるので、中止の決断はできないのでしょうね。「コンコルド理論」ですね。

3月23日(月)~3月31日(火)

東京都3月の日別感染者数

  • 23日(月) 16人
  • 24日(火) 17人
  • 25日(水) 41人
  • 26日(木) 47人
  • 27日(金) 40人
  • 28日(土) 63人
  • 29日(日) 68人
  • 30日(月) 13人
  • 31日(火) 78人

ついに来ました「オリンピック延期」からの患者数激増

  1. 東京オリンピック「1年程度の延期」の検討で合意(24日)
  2. 東京ロックダウンの可能性示唆!小池知事が週末の外出自粛要請(25日)
  3. 志村けんさん死去(30日)

恐ろしいほど明白に、腹立たしいほど如実に、オリンピック開催の延長が発表された翌日から感染患者数が増えました。24日までの感染者数は最高で17人です。それが25日は41人に増えました。これが恣意的でなくて何なのでしょうか?

まとめ

東京の日別感染者数とニュースを合わせて、3月を振り返ってみました。

何度考えても、オリンピック開催延期発表後の感染者数の増加が解せません。

誰かが人の命とお金を秤にかけているように思えます。

秤にかけるのは自分の命にしていただいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました